デブ犬ダイエット

でぶ犬ダイエット
ペットショップで小さくてかわいかった愛犬も気がついたらデブ犬になっちゃった。ワンちゃんは基本的に飼い主さんの与えた食事しか食べていません。デブ犬の多くは食事のコントロールを怠っている可能性があります。でぶ犬は悪いことはあっても良いことは一つもありません。早くデブ犬から脱出しましょう。

ワンちゃんに関する情報です。



犬のしつけ


  • ワンちゃんと人間が生活していくにあたって、どんなしつけが必要かを解説しています。


犬の運動


  • 犬はどの位運動をさせたらいいの?犬の適切な運動量を解説しています。


犬のサプリ


  • 犬も今やサプリを飲むのが当たり前になってきました。犬サプリを解説します。


犬と人間


  • 犬と人間の歴史やかかわり方について解説しています。

うちのワンちゃんはデブ犬?

最近は家で飼われる小型犬が大人気ですが、その小型犬にデブ犬減少が多く発生しています。肉付きを見たり、触ったりすることで、肥満はある程度はわかりますが、きちんと調べるにはやはり犬専用の「体脂肪計」できちんと計るのが正確です。獣医師の病院にはこのペット専用の「体脂肪計」が置いてあります。体重よりも体脂肪を気にした方が良いでしょう。

犬は人間よりも体脂肪が少し高めが標準です。人間の脂肪率はアスリートの方で10~15%程度。一般の方で20~25%程度。女性の方は男性よりも多めで25~30%程度です。
ワンちゃんは若干高めといいながらも、35%を超えるとやはりデブ犬と判定されてしまう数字です。

ワンちゃんのダイエットは消費カロリーを高めることでのダイエットは期待ができません。消費カロリーを高めてダイエットをできるのは、人間の方法なのです。ですので、摂取カロリーで調整することが大切です。そこで、食事の回数ですが、回数を減らすのは逆に体脂肪を溜めてしまう原因になります。空腹時間を長くしてしまうと取り込んだ食事を脂肪にして蓄えておく機能が働いてしまいます。

体脂肪を溜めない食事の与え方は、同じ量でも回数を分けて与えて、なるべく少ない量でも空腹時間を作らないことが大切なのです。これは人間のダイエット方法と似ています。体脂肪が落ちれば、同時に体重も落ちます。一般家庭の家ではペットの体脂肪計はありませんので、体重を計ることである程度の目安になります。気になる場合は獣医師の病院で体脂肪を計測してもらってください。

でぶ犬からの脱出は食事で

でぶ犬になってしまった原因は100%飼い主さんにあります。まずは飼い主さんがこれを自覚してください。ワンちゃんは自分ではダイエットしようと決意はできませんし、食事のガマンもできません。飼い主の方から与えられた食事を食べていただけなのです。ワンちゃんからエサを催促をされるとついつい与えてしまいますが、そこはグッとこらえてガマンをしましょう。ダイエットは犬と飼い主がガマンしないと成功しないんです。

まずは、1日の全体の量を減らすかわりに、回数を分けてあたえましょう。その方がワンちゃんには量が減ったことによる空腹感の時間を減らしながら満足感も与えることができるのです。散歩に出かける時にもおやつをバッグに忍ばせておいて、与えるようにしましょう。くれぐれも食事の回数を増やしても1日に与える量は減らすように気をつけてください。回数も増えて量も増えていたのではますますデブ犬になってしまいますので・・・。


でぶ犬はどの位いるの?

これは日本ではなく、ペットの飼育には厳しい規律がある英国の場合ですが、英国では飼育されている犬の3分の1が太りすぎというデーターが出ています。これは英国の犬の保険を取り扱う会社が調査を行ったもので、人間と同じように肥満が進んできていると発表しました。英国で買われているペット830万頭のうち、犬の35%がでぶ犬と判定されました。
さらに、10年後には52%の犬が極度の肥満になるだろうと予想されています。実に2頭に1頭がデブ犬になる可能性があるのです。健康状態の悪化はもちろん、犬として当たり前にできた運動ができなくなる可能性があるとのこと。ワンちゃんの健康は飼い主の気持ちにかかっています。飼い主が食事のコントロールをきちんとする事、散歩には必ず行くこと。太ってきたと思ったら獣医の相談を受けること。デブ犬にしない為に日ごろから飼い主がペットの健康に気を配らなければなりません。

犬への愛情と甘やかし

犬への愛情を注ぐのはとても良いことですが、それが行き過ぎると、甘やかしと思われるの行動が多く見られます。例えばすぐに散歩を嫌がる愛犬を抱きかかえての散歩は、これは犬が散歩しているのか?人間が犬を抱えて散歩しているのか分からない状態です。これは甘やかしによる、犬が歩かなくなった典型的な例です。小型犬や屋内犬に多く見られます。

本来、犬は寒く持て外で遊べるようにできていますが、暖房や冷房の効いた部屋で過ごすことが多くなると、犬もワガママになってくるようです。また、甘やかしが過ぎてしまい、家庭内での順位が犬が高くなってしまっている場合があります。
犬は群れで行動するのですが、上下関係がしっかりできています。その上下関係がバラバラになっているのです。犬は飼い主の次にえらいと認識をしてしまうと家庭内はどうなるでしょうか?
例えば奥さんが1番、犬が2番と自覚してしまうと父親は犬に吼えられたり、時には噛み付かれたりします。これは完全に自分よりも下に見ている証拠です。特に子供がいる家庭では、子供は犬よりも格下となる為に、赤ちゃんが犬にかじられたりする事も起きています。これは犬のしつけがきちんとできていないからなのです。そんなワガママのやりたい放題の状況がデブ犬を作っているとも言えるのです。